施工例紹介

古民家再生

頑丈な梁に見守られる あたたかな住まい

100年間、住まいを見守ってきた梁を活かし、明るく暖かみのある癒し空間に。

使われなくなった部屋の有効活用や、不要スペースの減築などで、暮らしやすさを実現しました。

また、照明器具の配置や色柄の選定を工夫し、癒しの空間づくりができました。

  • AFTER
    部屋の仕切りを取り払い、天井の梁を出して、伸びやかなLDKを実現。
    外からの明かりを取り入れるトップライト、電気代の負担の少ないダウンライトで明るさもしっかり確保。
    ランプ交換などのメンテナンスの負担も軽減されました。
    BEFORE
    隙間風に悩まされてきた室内。
    古民家特有の間取りで、昼までも照明の明かりが必要なほど暗かった中部屋。
  • AFTER
    使われなくなった部屋は、家族のプライベートリビングに変身。
    畳コーナーでも、明かりを分散して配置することで、陰影が効果的に現れ、メリハリある空間に。
    BEFORE
    子世代の独立などで、使われなくなった部屋は、物置部屋になっていました。
画像クリックで拡大します

2013年度 リファイン大賞 照明部門 銀賞受賞

ページトップへ戻る